Ceramist machimura.jpgCeramist machimura.jpg


  • うまくいかなければ一歩下がればいい。
    下がった一歩も前進の歩み。
    超えられない壁などないのだから。

    さてはじめるか。



  • 超硬カンナで面修正し大物に備える。

  • もの作る想う時、土との距離感は
    離れている時と密な作業時、そう変わりはない。
    日常にどれだけ入り込んでいるのか
    という話でもあるのかもしれない。
    一つ一つ想いに寄り添うその距離感で
    作品と自分に深く深くアプローチできる。
    轆轤作業では違う。
    一つ一つに想い馳せるという事だけではなく
    ライブ感をもという調味加わる一つとなる。
    100あったら100のストーリー。そんな一つでありたい。
    ものを作る想う時は感ずるすべてが美しい。
    添付のムービーは作業時の轆轤。
    数と速度のタガ外した結果今のスタイルとリズムとなった。

  • _MG_6418
    皿など挽き面対処で
    行き着いたスポンジは車用ワックススポンジ。
    持ちやすくロクロ時に活躍する安価なおすすめ品だ。

  • 本日の収穫。
    ロクロでの作り終了。
    今回の花の器は手の中で包む。
    掌の中に居るかのような花をみて頂きたく細工を考えている。

  • 愛知での作品展へ向け動き出した。
    今日の収穫。

  • 昨日の続き。
    リムなしの皿は後に型に伏せ型打という作業をする。
    ので底切らずに大まか仕上がり。
    板上作りの場合作業効率はよいが
    底切りタイミングや切り口均一とならない為により
    歪む原因となりやすいので要注意。
    ・・・とコツコツ作ってゆく。

  • 新型プレート制作。
    リムに逆アールをつけボリューム感を付けてみた。
    形を定めるに半日かかってしまい
    今日の収穫はこの数となりお粗末。
    明日巻き返す。
    見た目や欲無く、などともっと深いところに視点を置くと
    どのような器となるのだろうと最近思う。
    人の魂世界の期限を思う。
    命という限りを超え痛みなどから解放されるという魂の世界。
    ・・・この現存出来る姿の時間は幻のような時間ではないのかと。
    現存と旅立つ魂。
    見た目はいらない、もっと無骨でいい無垢の思いに届かねば。
    2013-08-27

  • DSCN0073-2012-05-12-08-07-25.jpg
     
    DSCN0074-2012-05-12-08-07-33.jpg
    なかなか気持ちのよい碗が出来た。

  • DSCN0069-2012-05-11-23-47-12.jpg
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    試作第二弾。30の迷いがここにあり、頭は違う方向にトリップ。
    DSCN0067-2012-05-11-23-35-31.jpg
     
     

  • DSCN0064-2012-05-09-22-39-22.jpg
    DSCN0065-2012-05-09-22-39-35.jpg
    微妙すぎるこの差。

  • DSCN0057-2012-05-05-02-19-27.jpg
    色味を頭隅に置きながら。
    DSCN0060-2012-05-05-02-42-28.jpg
    この形取るに、行ったり来たりしてみる。・・・出来たかな。
    DSCN0061-2012-05-05-02-42-54.jpg
    ・・・やはり、画像が良いな。と。

  • Blog0261.jpg
    焼きさましの余熱を利用し乾燥してしまおうと。。
    ・・・しかし下手。
    本日終了の図。

  • Blog0171.jpg
    これでオーダーに区切りつける。
    すれすれスケジュール。
    求められる物、行きたい方向。
    見間違わぬ様一歩一歩。
    距離感はその都市によって変わるのか。
    そんな問いを抱え進む。
    誰も知る事の無い自分のみ知る、羅針盤。
    たった一人で舵を切るため。
    なにがどうあっても自己の責任。
    絶対的な自信と揺るがない信念。
    この天秤に似たバランスが
    静かに触れだす。まだ見ぬ自分内に眠る力に。
    なにがどうあれの話まで。
    Blog0167.jpg
    Blog0168.jpg
    Blog0169.jpg

  • Blog01191.jpg
    サクッといってみます。
    Blog0120.jpg Blog0121.jpg
     Blog0122.jpg Blog0123.jpg
    Blog0124.jpg 

  • Blog011110.jpg
    Saucerの削りステップ(s)
    小さかろうが大きかろうが心ここにある本日終了の図。
    バックヤードの雑務こなしながらの作業。
    ・・・一歩は一歩。必ず自分にかえってくるから。
    Blog0109.jpg

  • Blog0093.jpg

    トースカンという道具にて高さマーキング。
    ・・・今回は歪み防ぐに少々固めで削り入れる。
    Blog0094.jpg
    Blog0095.jpg

    底面とこのマークを結ぶように面を削る
    Blog0096.jpg

    上から見た図
    Blog0097.jpg

    この面取りした輪郭線を頼りに削り下げる。
    Blog0098.jpg

    高台外径マーキング。
    Blog0099.jpg

    首だしと腰部荒削り。
    Blog0100.jpg

    指の腹でカーブをなぞりながら、
    不自然な凹凸を探る。
    仕上げはカンナを下から上へと動かし削り
    轆轤目と一体させ、全体の「目」「影」を整える。
    Blog0101.jpg

    高台内に溝を切るように一気に削り下げる。
    ・・・その度事当たるカンナミスタッチによる欠け防止にもなる。
    Blog0102.jpg

    こんな感じ。
    Blog0103.jpg

    削り込み。
    Blog0104.jpg

    後ろ姿が見えてきた。
    Blog0105.jpg

    指先で叩き、振動、音で厚のチェック。
    Blog0106.jpg

    完成。
    Blog0107.jpg
    室入れ、またはビニール掛け一晩置く。
    ・・・水分を全体にまわす事出来、
    乾燥切れ、ゆがみに備える事が出来る。
    ◎ポイントは指先と「勘」に頼ってみる。という事。
    表面を気にするあまり、横から眺め見る事や、
    鏡使い視点を遠くに置く事など、良いかもしれない。
    しかし、もっと根本をただせば
    「勘」が育つという事を忘れてはならない。
    そして、上達のキーがこの「勘」が育つ事であるという事。
    しっかりとした作り、腰の張りあれば迷いは消えるはずだ。
    外の姿は幻であるという事。
    内の張りに寄り添うということが「削る」ということである。
    内と外の世界観を大切に。
    ・・・良きうつわ、うつくしきうつわが生まれ出ますように。