Ceramist machimura.jpgCeramist machimura.jpg

  • 仕事の進行構成を変える事で時間を生む。
    生きている勘で思いつき詰め、明日焼成。
    台風でリズムと体調を崩し請負先2件へ無理受け入れ頂く。
    冷静に見渡し加減と限りを仕切り直す。

  • 先の焼きで被ってしまい、
    吹けなくなってしまった、バーナー。
    調子の悪い原因追求の為下ろした。

    印象
    着火源隙間からエアー入り込み燃焼バランスが崩れた模様。
    まとわりついた煤も落とし一件落着。

    灯油バーナーは燃焼幅狭く、その絶妙域を超えると
    煤燃焼や空気過多燃焼。
    と性能の良い近年のバーナーは反応が良すぎる。

    対応は燃焼時エアー過多に入れ込まぬ様
    ウール材を咬ませてみる事に。
    結果油量に準じた環境がよみがった印象。
    さて高温域運転ではどうなるか。

    グラスウール耐熱温度 450 – 600℃
    セラミックファイバー 1,000 – 1,500℃
    シリカ系(アルミナ)繊維1,300 – 1,700℃

    細工時は繊維飛散するためマスク着用の事。


  • 焼きの日はシャーベット状スープブランチで体を冷やす。


  • 詰め終了。明日点火。


  • 棚板またぐ大物をレベル補正し素焼きを行う。


    外気温を忘れずに。


  • 焼きでやせた色味穴を更新する。

    色見穴栓を作る。
    細工は煙道の引きあるため最中は出来るだけ避けたい。
    粉仕事は吸入のこともありバーナー近くは避けたい。
    必要になってからでは遅いのが窯具。
    膨張追いつかず割れも生じやすい。


  • 作業すすめ点火はこの時間。4時半起き作業で夜が明けた。

    使っているライトのおすすめ。

    広角

    ピンポイント


  • ゼーゲル錐
    正確な温度測定というより,焼成効果の程度を知る事が目的。
    アルミナにケイ砂,石灰,ソーダ,ホウ酸,酸化鉄,酸化鉛
    加え成形、焼成した耐火物。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





    上下とセッティング完了。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    旧社団法人 日本ゼーゲルコーン協会 技術承継品
    ゼーゲルコーン
    販売元 有恒商事株式会社
    製造元 株式会社クラタ耐火物
    製造元 震災、原発事故の影響から翌年には広野工場再開。


  • 詰め終了。
    翌日は通院。検診結果どうあれこれで対応可。

    詰めながら炉内雰囲気を読み込む。その詰め場所でのこともあり
    ぎりぎりまで施釉はこれで良いのかとそのイメージと向き合う。
    出来る事は限られるというはなし。


  • 作品乾燥時を使い窯を起こしバーナー掃除と
    燃料メモリゼロポイント修正。
    炭化時モーターへのカーボン流入防ぐ為着脱した送風ファン
    再セッティングもありバーナーメンテナンス。
    窯火は250度で安定する。気圧によるところがあるが
    軌道に乗れば楽となる。釉薬は炎で洗われるとも言われ、
    その時は2度となく、平均値なぞる焼きだけでは
    その時の意味はない事とも思っている。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    付着し煤だらけになりながら
    平成の始まりを思い返していた。
    崩御の印象強く残り、仕事中玉音の再生がいつまでも
    リピートされていたラジオを思い出す。
    いつまでも幸せであることを願う。
    新元号に寄せ。



  • 少量でスケジュールがパツパツな為
    窯を借り、詰めに伺うことにした。
    焼成環境は様々にある。
    詰まる感じと焼成具合を読み、ここまでならと折り合い。
    ギリギリまで悩んだ釉薬の仕掛けは施すことに決断。
    そういえば昔窯持てない環境時
    窯入れさせてもらいにあちらこちらへ伺ったなと
    寒い窯場にストーブ点火した。
    さてどうなるか。


  • やすみやすみ施釉完了。
    サンプル多く占め、詰めの一段に時間がかかる。

    ここをこうするとこうなるという窯勘が得られると予感も育つ事となる。
    火は起こすがもう既にストーリーは決まってるという話。


  • 生生地施釉。前日に暖気点火
    明日ゼーゲル立てスタートをする。明日は満月となる。


  • 点火コード断線。冷却後再点火する焼き。断線は死活。
    プラグ接点が熱硬化する劣化は構造上避けられない。
    バーナー部内他プラグ、トランス、モーターと丈夫である分残念。

    プラグ末端接続部品はこの様。
    知恵と知識あればなんてことなく対処できる。

    部品はバイク点火部品。切り詰めに対応する点火コードも同様。

  • Pragmata Gallery向け追加の一窯となる。
    今回は祝いのシーン控える秋の季節であることから
    パン皿、デザート皿、サラダ皿と新規リム皿はもちろん
    大きな角皿、台皿と。
    さてどうなるか。


    外気はご覧の様。夜を越えてゆきます



  • 夜が明けていく。




  • ご存知の様、素焼きで
    不純物焼き切れる。温度800°。
    素焼きせず生生地施釉。
    そのまま本焼きへと。
    生施釉の焼きあがりは柔らか。
    その表情と装飾を狙う。
    さてどうなるか。
    ちなみにこの皿、
    パン皿ブラッシュアップ。



  • 窯データ。
    温度、油量、圧の具合、時間など温度グラフとともに残している。
    何もない方眼へ温度ポイントが記されてゆく。
    この足跡が先々での焼き戦略の拠り所となる。
    毎回違う炉内環境。その環境を思い起こせる様、
    その日の出来事コメントが気圧と共、重要事項となる。

    倒れ具合のイラストはゼーゲル7、8、9。