Ceramist machimura.jpgCeramist machimura.jpg

育ちゆくものが土と思っています。
触感深く成ると土肌大切に制作しています。

  • 京都大山中伸弥教授、
    新型コロナウイルス情報を個人発信するホームページ開設。

    https://www.covid19-yamanaka.com/

  • 届け出あったと居住地感染聞き引き締まる。
    また各事業の隙間隙間でのフォローに心温まる。
    乗り越えることは多い。
    今は豊かに過ごせる様にと願うばかり。

    今年の3.11の事。
    保存食管理ミスで数点のみからのリスタートとなった。

    電池LEDランタン2個購入。種類と暫くの知識吸収はランタン。
    着火含む扱う興味は勿論の事。

    被災おいて
    テント暮らしも良いかもなと思う。
    昨年夏の通電ない避れようのない暑さはテーマではあるが
    ウイルス事に見えないという事、
    低い免疫力であるという事を恐ろしく思う。

  • 昨日はCTでの検診結果説明。

    昨年末より動き出している新たな治療での件、
    今年年始中旬より入院し始まった治験の状況確認。

    結果。効きがあり治療続行となった。
    説明で映される治療前後のCT画像は小さくなった部位を矢印で挟み示されていた。

    よかった。

    痛みと眠気とだるさの狭間での生活は変わらず続き、
    好中球値は下がり世間での感染恐怖が重なる。

    オードリー・タン氏の防疫対策に高い評価報じられる中
    トイレットペーパーsold-outするコミュニティーが馬鹿らしく映る。

    くだらない。

  • いせ辰で大判風呂敷購入。
    福呼びたくついでに面を購入。

    笑門来福 阿多福。商売繁盛 恵比寿。

     

    いせ辰

  • 新型コロナウイルスへの感染報告が相次いでいること受け、
    感染症対策専門家東北医科薬科大学グループがまとめ、
    具体的予防対策をまとめハンドブックを成作公開。

    安心して生活ができるようシェアまでと思い
    資料PDFをアップロードしリンク張った。
    新型コロナウイルス感染予防ハンドブックPDF

  • 日常へ擦り合わのため
    医療連携する近隣の国保病院へ定期検診。
    各資料渡し現状報告。

    入院で欠けたスケジュール復元で
    薬処方と外来予約。

    あせってもひとつひとつ整理しながらの前進。

    。。。。。。。。。。。。。。。。。。

    困っている事ありますか?
    とは入院先看護師の検温の度の言葉だった。

    その事へ行く窓は沢山ある。居るという心強さは
    気付きに似る信頼の蓄積でありおおきな支え。

    ものを作る事と検温。困っている事ありますか。と。
    実は似ている、思いに寄り添うデザインする検温というはなし。

  • 日常を楽しもうと思い
    副作用対処での頭髪向けに新規シェーバー導入。

    バリカンでの管理からシェーバー。
    毎日をフィリップス回転刄に頼ってみる。

    さて寒さどうなることかだ。

  • 仕事ストップさせ
    月半分入院し治験へ参加してきた。
    協力のもと無理きき入れ頂けた方々、
    スタッフへ感謝申し上げます。

    院内ではコーディネーターの支えと十分な説明、
    勘の良い看護師と医師の行き届いたチーム連携には
    いつものことながら感心。

    どうするかの体を万全にサポート。
    一つへ向かう力はものつくり共の事。

    季節感ない室温から極寒の自宅へ帰宅。
    規則正しさがしばらく続く。

    万全にとはいきませんがそろそろと復元を図ります。
    いまへの集中応援願います。

  • 手作りネームプレートを闘病の守りにと頂いた。
    ちょっとした気持ちが嬉しく思える。

  • ここはSaza Coffee。

    午後治験詳細を聞いての事。
    この人生色々ある。

    そう思う。

  • 来年用カレンダー取り寄せ。本年同様4品。
    どの様な年になるか。

    先の定期検診CTの結果
    またリンパ節が大きくなり現治療中止。
    次へと向かうこととなった。
    詳細はこれからだが治験への参加となり
    クール初期には入院しのぞむ。

    治療選択肢には限りがある。
    不安と痛みとの共存は続く。

    と昨日は都路里でパフェ食べ帰宅。
    人は絶妙なバランスで成り立っているという話。

  • 合間を見て、定期検診のため撮影通院。
    日がすっかり冬と気がつく。

  • 隔月発行有明の風
    友の会

  • 通院帰りは船橋屋葛餅とあんみつ。

    スケジュールは投薬2週休薬2日2週休薬。
    薬剤師の面談とドクター診察のみ。
    と時間の余裕ができ船橋屋。

    吐き気ある毎日に少しの。だ。


  • CTの読影の結果耐性もあり大きくなっていた。
    ゆえ次の治療へと進む事となった。
    患部周辺圧迫のため痛みあり、
    対処する医療用麻薬処方された。
    メイン治療はロンサーフ。飲み薬。
    スケジュール建てのコース設定で繰り返し治療となる。
    主な副作用で要注意は免疫力が落ちるため感染。
    下痢吐き気嘔吐。
    痛み向け薬の副作用
    ロンサーフの副作用があるということ。
    薬の管理が感覚得るまで面倒。
    当初計画の一月入院治験は時期ずれ逃す。
    同時に先で記事にした遺伝子治療が仕掛けられてる。
    事がどの様に進もうとも主治医の広い視野と言葉でいつも
    前向きでいられる。
    また皆様には、見守るという言葉に出さない
    温まる優しさにいつも感謝しております。
    無理せずひとつひとつ丁寧に生きていきます。


  • 包丁をプレゼントいただけた。


  • はざまに
    typhoon北上の中通院で都。
    と父上との時間最終日。
    通院。
    次回CT確認、結果は次診察時。
    DNAから読み解く検査と治験の話をいただく。
    臨床的有用性が大きいとの事。
    個別原因を知り治療薬含む治療をオーダーメイド。
    がんゲノム医療ともよばれる。
    保険適用される検査ともなり選択肢がふえる。
    帰宅しおくる。
    いつも見守りくださり感いたします。
    またな父上。


  • 今日は通院。
    通院治療の1日はそのほとんどが待ち時間。
    雲間が見えた日。


    気分を変えようと
    ボランティアの帽子クラブへ立ち寄り購入。
    夏へ向け備える思い。
    この週末が開けると
    一気に乾燥する季節になりここからが勝負。
    無理ないように。