Ceramist machimura.jpgCeramist machimura.jpg

  • 季節の分かれ目、
    年の分かれ目には邪気が入りやすいと考えられ、
    さまざまな邪気祓い行事が行われてきた。
    おなじみ豆まき、新年を迎えるための邪気祓い行事。
    福は内。

    さぁ立春だ。



  • 梅花空木満開


  • 風が強く気圧により昼近く起床。
    ヤクルトとミルミルを飲みいつものように始まる。
    神棚に榊をと思い、剪定鋏を指で構え向かう。
    今年も元気なようだな。山法師。
    と挨拶が長くなり・・・。
    神具を見て思い出しもう一度と向かう。
    ヤマボウシ名は白い頭巾をかぶった山法師になぞられる。
    白い総包片と中央粒の花共に大きく育っていく。
    秋には実が赤く熟す。


  • こごみをいただいた。天ぷらにて食す。
    草蘇鉄の若芽がこごみ。春の山菜。


  •  
    時間できたので植え付け。
    ブロッコリー、パセリ、イタリアンパセリそして絹サヤと。
    摘み取ったアスパラを蒸し、食べ、
    今年も元気であるようにと薬師如来札を見つめていた。


  • 生姜スライスチップを乗せて。



  • 姫辛夷。 


  •  
     



  • 誰が想像できるだろう。

1 2 3 4 5 6 14