Ceramist machimura.jpgCeramist machimura.jpg

陶芸家町村勝己のブログです。日常をポートフォリオしています。

  • on tanabata

  • 季節は着々と

  • 色違いへ衣替え。作品とりまとめ。
    むりをしないように。ブレーキかけながら進む。

  • ここは日本寺紫陽花寺。
    今年も訪れることができた。

  • 椿文の菓子皿を作った。
    茶碗作るかと思う暑い日。

    CT定期検診結果現状維持。
    現治療継続する事になった。

    だが薬剤蓄積される感が疲労と痺れあり。
    延命のもと行われる事。

    そろそろ紫陽花の時期となる。
    何が大切かを強く願い思うとき、
    世の中の上っ面の醜さが梅雨で流れ消えてしまえば良いのにと思う。

  • 下野草

    葱坊主

    あじさい

  • 着々と進める

    直方体数作る。

  • 蚊遣り設置

  • 今期初に植え付けた柏葉紫陽花。

  • 枝大きく育ち今年も収穫。

  • 更紗空木

    エゴノキを知ったのはDIC川村記念美術館。
    あれから何年経ったのだろう。

    先代エゴノキはもういない。
    鳥が運んだのだろう。代わりに道挾み眼下空き田に咲き
    仰ぎ知った花を今は離れ見る。

  • 植えつけた紫陽花が芽をつけた。

  • 腕一杯の空豆を頂いた。

  • 日差し6月気温7月感じる事多し。5月中旬の話。

  • 今日のおめざはかき氷。
    漬けおき保存するレモン添え
    シロップ掛け食す。

  • 乗り切るテイクアウトランチをワンデッシュにまとめ頂く。がんばれ。

  • スコップ更新ヨレヨレのスコップ15年以上もの。
    金属疲労も始まり更新を図る。

    Uターン禁止看板制作

    テーブルをマットに塗布仕上げ良い感じに生き返った。

    たわわな、なにわいばら

  • 今日のおめざはバウムクーヘン濃厚抹茶。しばらく時間わすれる。

  • りゅうきゅうつつじ
    葉には春葉と夏葉。 春につき秋に落ちる葉を春葉。
    夏から秋にかけてつき越冬する葉を夏葉。

    ひめうつぎ

  • 刃こぼれした芽鋏。刃がやわく扱いを気に留め作業要注意。
    非常に使いやすく、また買い求めたいと思う。

    これで収穫終了。あとは根を育てる。

  • ぼたん。朝から観察中。つぼみが開いてゆく。

  • 安価鋏を追加。当分楽しめる。今回は新規には芽切。
    使い勝ってはいかがだろう。

  • ブロッコリー収穫。ガーリック効かせたパスタがブランチ。
    ブランチ後病院まで車を出す練習ドライブへ。
    新型コロナウイルス感染避ける為。

    補正予算成立前提ではあった給付金案「生活支援臨時」ばらけ。
    オンラインの申請事となりそうだったので張っていたが
    新案と差し替え、収入不問で一律給付となった。

    経済産業省の持続化給付金。 
    申請に必要な事項等も含めた詳細については、
    4月最終週を目処に確定・公表とあったがどうなることか。

    ほか社会福祉協議会の救済措置は基本的には「貸付」。
    休業向けの「緊急小口資金」、失業向けの「総合支援資金」の2種類
    特例措置の救済案が立ち上がっている。

    在庫作るまでのタイムラグ生じるが道は生きている気はする。
    柔軟に生活力持ち合わせ対応するしかない。

  • 枝に葉が生え揃い花が咲く山吹。

  • 今日は母君処方箋を頂きに大型病院へむかう。
    基礎疾患ある我が身には恐ろしく思う事態。

    新型コロナ感染予防。
    事前に医院に問い合わせ、診察せず処方箋のみ
    施していただくよう手配。

    通常処方箋発行には医師のサイン、診察が必要。
    ここへ厚労省が新型コロナ対策の基本方針踏まえ、
    追加医療提供ルールが明確化。

    高齢親族、基礎疾患抱える通院者など要チェック。
    病院により対応が一定ではないので要確認。
    設備、人と最短に関わる時間リスクを除く考え。

    スーパーはレジ前に厚手のシート張られ
    距離保つようテープマーク。
    やっとインフラへの整備が施され始まる。

    大切な事は何なのか。

    月末には苗が植えられる。
    旨い米が出来る事を願う朝。

  • ジューンベリー。その実は甘くほんのりと酸味。
    育ち遅い季節の花。春が来た。

  • セロリを沢山頂いた。清涼感のあるこの風味は嬉しくなる。
    ピクルスを作れたらと思う。

  • ジャスミン発根させるため束ね土に植える。

  • 多孔質の土物は高台が湿り易い。
    室温と珈琲との温度差で生じる結露状態のこの事、
    シモル、漏れる事とは別事象。

    ソーサーなきものは高台のフォローと温度への対策を考える。
    熱いもの冷たいものへの湿度対策を考えるという事。
    テーブル塗装とのバランスをも考えるという事。

    など使用時温度捉え湿度環境思う想像力は作る力を育て、
    エピソード、キャッチワード、セールスワードとなる事とも思う。

    泡だてミルク使用しカップでの見え方違いを参考紹介。
    電池式ミルクフォーマーは冷たいミルクでも確実に泡立つ。


    ハンドルないカップ


    細身のカップ。

  • 散歩に近隣公園へ。敷地輪郭に桜植樹されたパークゴルフコース。
    まばらなプレーヤー、散歩する親子。なんとものんびり。

    ha

  • 絶命したとは勝手な判断だった。生命爆発するかの様薔薇育つ。

    牡丹は着々と花芽膨らむ。

  • 個展中止となったが制作は続く。時間だけ残された不思議な感じがある。
    この空気感。感じることのない季節の中での制作。

    日中千葉県にも外出自粛する様にとの要請が出た。

    桜に感じる基準を委ね取り戻そうと母連れ出し近隣公園へ出かける。
    見事に訪れは時期早かった。とどこかスイッチ入り目覚めた思い。

    アトリエ戻り仕上げのタッチ気になり見返し手を入れ直す。
    足を付け桜の花器が優しい姿となった。

  • 夜仕掛けたが
    ドライイースト足らず膨らみ未満の出来。
    寒さ今日までとトーストする朝。

  • この季節6:00起床。7:00アトリエストーブ点火。今日も良き朝。