Ceramist machimura.jpgCeramist machimura.jpg

★陶芸家町村勝己のブログです。暮らしを切り取りポートフォリオしています。


  • 企画展への参加同意書。
    DM向けテーマに合った作品をピックアップを。

    来年の個展開催日確認の連絡が入り
    体調もありグループ展への変更願った。

    急遽、今秋開催企画に参加することになり
    それとは別口に企画たて頂けることとなった。

    個展の取り扱い多くなる意向。
    作家が着々と育っての事だろう。

    当然といえば当然の
    信頼おける品位保たれたギャラリーでの事。

    フォーカスはちゃんと作家の心という話。


  • 屋越えしてる倒木したミモザを違う場所へ移植。
    ミモザとの思い出はたくさんある。
    枝を落とし、思い返す。またよろしくな。

    ブロッコリー2種を植えてみた。

  • 独自ドメイン化、ssl移行する中、
    構成しているWordPressが
    外部より攻撃を受けていることが判明。
    ダッシュボードへの
    アクセス不安定の原因判明
    というオチ。
    アンインストールし
    再度設定することとなった。


  • キャッシュレス還元事業販促キットが送られてきた。


  • CTの読影の結果耐性もあり大きくなっていた。
    ゆえ次の治療へと進む事となった。
    患部周辺圧迫のため痛みあり、
    対処する医療用麻薬処方された。
    メイン治療はロンサーフ。飲み薬。
    スケジュール建てのコース設定で繰り返し治療となる。
    主な副作用で要注意は免疫力が落ちるため感染。
    下痢吐き気嘔吐。
    痛み向け薬の副作用
    ロンサーフの副作用があるということ。
    薬の管理が感覚得るまで面倒。
    当初計画の一月入院治験は時期ずれ逃す。
    同時に先で記事にした遺伝子治療が仕掛けられてる。
    事がどの様に進もうとも主治医の広い視野と言葉でいつも
    前向きでいられる。
    また皆様には、見守るという言葉に出さない
    温まる優しさにいつも感謝しております。
    無理せずひとつひとつ丁寧に生きていきます。


  • 粘土制作。土練機通す。
    1回荒通し2回縦スライス
    3回横スライス4回全形通し。一本6kg。
    今年は小ロット制作。
    土練機起動をこまめにすることで
    諸々の負担を軽くする。
    毎日はドラマチックではない。
    信念を持ち丁寧に丁寧に繰り返す。
    大切な事はそういうものだ。


  • オリーブの木絶命。
    新築祝いから大きく育っただけに残念。
    家屋でモニュメント化した。細い枝は削って菜箸。
    今ではここに生きている。
    ありがとうな。


  • まだ台風による災害は続く。
    1日でも早い停電復旧願います。
     
    他ブログオーナー様への提案。
    ライフハック記事アップ如何だろう。
    停電時に関するまた、保存食事など
    共有出来ればと思います。
     
    我が家は貯水タンク他、雨水を分岐保存している。
    これを今回生活用水で活用した。
    排水マス部品、コンテナー、ホースとシール材あればDIY。
    災害長期乗り切るライフハック。知識にまで。

    分岐パーツ容器一杯になるとオーバーフローが排水される。
    難点は樋からのゴミも通過するため詰まることがある。

    つなぐホースはコーキング材でシールする。

    コンテナーとの接続は上部。
    蓋開けるとバケツですくい易い。

  • 停電で先送りしていたメタメタとなった庭復旧。
    庭木の傾き根が浮いてしまったものに手を貸した。
    週末は雨。今日のうち大まかに仕立ててしまう。



  • 災害に無力なこんな自治体もういらない。
    クソである。
    台風直撃により災害。
    9日3時頃より停電となった。
    日中の街は信号無点灯。
    道は倒木による混乱。
    ガソリンスタンドは長蛇の渋滞。
    急遽災害対策の生活となる。
    まず飲料水の確保。と生活用水。
    抱えた問題は食料と暑さ。
    生活用水は雨水を貯める工夫済みで対応。
    トイレはここよりバケツで汲み入れ。
    夜の明かりは太陽光蓄電のガーデンライト。
    夜家屋内昼外で蓄電。
    飲み水は確保してあるもので対処。
    と問題が水と停電であれば難なく乗り切れたが
    逃げ場のないこの暑さ。昼夜やられる。
    環境の問題は通信の悪さ。
    と自治体のアナウンス力の乏しさ。
    11日停電復旧。
    この季節の台風災害はしんどすぎる。
    欲しいものは情報。
    掴める通信網。
    力をと給付金をふるさと納税同様手続きで
    など紹介していたがどこまでピントがボケて
    いるのだろうかこの国は。
    まだ復旧出来ていない
    市町村がある。気温が下がってきたことが
    救いだ。もう一息。


  • ここのところ循環わるい様。
    つまずきに怖くなり、以前の革靴の普段ばき出番が減った。
    アトリエではスニーカー。ジンジンとする足元の気分を変えた。
    作品落下は洒落にならん。


  • 環境整っていくのまき。


  • 道具購入。ヘラ、フィンガーロール印花購入。
    ゼーゲルコーン少量購入。


  • 残暑見舞い申し上げます。
    今年も暑かった。仕事の方向性を少し軌道修正し
    注文消化できる時間を増やした。
    休みない事は嬉しいいこと。
    元気であればのことだから。
    無理はしないように。


  • 個別納品を着々。


  • 包丁をプレゼントいただけた。

  • SSL(https)導入中。
    販売サイト考えただいま移行中。
    なかなかなタイムスケジュール。
    旧アドレスからは移行するhttpsアドレスへと
    アナウンスさせて頂きます。
    このページは仮アドレスとなっております。


  • はざまに
    typhoon北上の中通院で都。
    と父上との時間最終日。
    通院。
    次回CT確認、結果は次診察時。
    DNAから読み解く検査と治験の話をいただく。
    臨床的有用性が大きいとの事。
    個別原因を知り治療薬含む治療をオーダーメイド。
    がんゲノム医療ともよばれる。
    保険適用される検査ともなり選択肢がふえる。
    帰宅しおくる。
    いつも見守りくださり感いたします。
    またな父上。


  • おかえり。


  • 伝え事は分かりやすく行う。
    事でなく行間で思うという話。


  • 多品種へはしっかりとした構えでのぞむ。


  • コテ一覧図。
    時間が取れたので整理まで。
    今は柔軟な動き出来、しなるコテが登場頻度多い。
    少数こだわりオーダー時代となった今
    そのカテゴリーも多方面からと。
    柔軟に対応すると同時に自分をしっかりと思う。


  • brunch.
    大葉をトッピングすることで爽やかな後味。



  • オープニングsold out。
    できる数は限られる。一つ一つへ変わらない心。
    何使ったかメモに残す工夫は記憶の置き去り対策。
    どんどん不器用になる。


  • 恒例にたけおごはん

    収穫。


  • 山の日はBirthday。52となった。


  • 8labo
    openしました8labo。
    関われた事感謝致します。


  • 昼食1部では冷やし茶漬け。
    時間差作り落ちつつある食欲を追いとろろでチャージ。
    塩抜き胡瓜、生姜、茗荷ミジン切りを
    擦り梅和えの茶漬けへとろろ掛け海苔と針茗荷。
    引き立て役の海苔は旨味要素たっぷり。


  • バックヤードでの確認作業。
    地道な確認は欠かせない。
    事を出来ないからとクリアできるまで
    試みることはたったそれだけの事。
    この力で出来ぬのならばと方向を変え
    アクセスする願いが自分を信じるという事。
    事は一定方向へは進まない。
    先を見つめる日。
    暑さにバテぬよう暑中見舞い申し上げます。


  • 蕎麦猪口を作るという企画その2


  • わさび菜種子コレクト。


  • 蕎麦猪口を作るという企画その1


  • 見立ては月。


  • 新規ショップ向け梱包完了。


  • この時期が来た。
    スタッフへのお礼の品も。


  • 焼きの日はシャーベット状スープブランチで体を冷やす。


  • 水出しを導入。これはオススメ。
    SHIZUKU


  • 焼きながら願いをかける。


  • 詰め終了。明日点火。


  • 詰めながらの作業。
    梅雨明けたよう暑さ。このジメジメに
    体調が整わず納品少しずれ込む。
    ひとつひとつ出来ることは限られるが
    なんとかする心。
    。。。。。。。。。。。。
    たくさん頂いた鯖を合間見圧力鍋。
    生姜効かせた冷やしたそれを、玄米の上へ乗せ
    これまた頂いた茗荷をスライス被せ。
    詰め攻略する窯見ながら頂きます。
    時間の捉え方がここのところ変化。
    些細なひとつも多く豊かな気持ちになれるよう
    作り続けられたら良いと思う。
    洗濯もので溢れる
    日向の日常が嬉しく仕方がないと言う話。


  • 素焼き後の窯メンテナンス。