Blog of Ceramist Machimura Katsumi

陶芸家町村勝己のブログ

img_9805.jpgatelier-9108.jpgIMG_9746.jpg

育ちゆくものが土と思っています。
触感深く成ると土肌大切に制作しています。

SSL導入につきURL変更致しました。

●旧「陶芸家町村勝己のブログ」   
http://blog.atelier-katsumi.com

●新「Blog of Ceramist Machimura Katsumi-陶芸家町村勝己のブログ」
https://blog.machimura-katsumi.org


  • 「七夕まつり」
    平山敬子 夏の花あそび・お茶あそび
    2019.6.29sat-7.7sun
    10:00-17:00
    ギャラリー「間」栗源
    287-0105千葉県香取市沢1055-1
    花箱シリーズ花のうつわ
    菓子皿ほか食のうつわ出品。
    ギャラリーの紫陽花。




  • ここは日本寺あじさい寺。
    作品展初日正午、体調もありエスケイプしてのこと。
    背丈を越えるあじさい。そのエナジーのスケールに気持ち救われる思い。













  • 食の撮影は少ない分量盛り付け、
    少し手前に傾けショット。
    自然光はうつわ強く印象つけるには良いが、
    食盛ったうつわには影がキツくなる。
    バランスは光源コントロールが要。
    感度ある器生活の醍醐味、
    暮らすという深い毎日のため。
    撮影は作品への客観視。
    作品へダイブする自己探求がターゲット。
    飛び交う光源をあとどれだけ感じ
    見つめられるのだろうかと思う。

  • ここは薬師如来祀られる紫陽花の杜。
    訪れるようになり3年。







  • 焼きしながら指標整理。
    面の作りに気がついたことがあった。
    高低の起伏。均すストロークの動きを見返すという点。
    板物が面白くなりそうだ。

  • エアコン故障のなか焼き。
    試作とサンプルのひと窯。

    この先どのようなバランスが仕掛けられていることか。
    指標を整理し体への負担を気をつける。


  • 槿

    アガパンサス


  • 新規のおすすめヤシの実コテ。
    表面は磨かれているが凹凸あり。
    だがこのアールがクセになる。

    けがき用鉄帯。他もろもろ。

    ラバーコテは劣化すり減りを確認。


  • blueberry摘みに行ってきた。


  • 夾竹桃

    フェイジョア



  • 金糸梅


  • これは制作中、大板物。
    補強組み込んだので大きく反った。
    ここからヘラで締め付けてゆく。

    乾燥へ向かせ管理してゆく。