Ceramist machimura.jpgCeramist machimura.jpg

育ちゆくものが土と思っています。
触感深く成ると土肌大切に制作しています。

人気ブログランキングに参加しております。バナークリックで投票となり応援になります。


  • 九州よりプチトマトわざわざお送りいただけた。その旨さ。

  • 辛み苦み強いブラウンマスタード仕立て。
    1時間水に浸し、水気切り後ミル。ビネガー、塩、砂糖加え調味。
    日を置くことで馴染み落ち着きスパイス添加で個性つけも旨い。

    ベーコン、ソーセージにおすすめ。

  • 1月4日。5:30アトリエストーブ点火。
    思う様事進まないながらも仕事再開をはかり、
    規律線を引きなおし。段取り思い出しながら轆轤作業中心となる。

    合間見、年末使用した喪服をクリーニング店より引き取り。
    および通常リズム取り戻すため母連れ出し食材買い出し。

    写真はトンボ差し。追加制作。
    無理は禁物。そうそうに轆轤場の引き戸を閉めた。

  • 日の出前エンジン始動し初詣へ。
    今年も始まる。

    福豆は節分まで神棚へ。


  • 雑煮

  • 迎えるにあたり手軽鏡餅準備。といただいた〆縄。

    えと縄。
    ギャラリーからの大切。ありがたきこと。
    思いが形へとなりちゃんといてくれる
    受け取れるというこの喜び。

    感謝申しあげます。

  • 切り干し大根が完成した。とre仕掛け。

    先日の事。
    検査待つなか各所へメール。
    歩みを遅くしようと手配とお願いのこと。

    いろいろな形で支えられ前を向いていられる。

  • 通院の日
    ここはゆりかもめ。
    年末に連日検査となる。

    どれだけの時間この景色を見た事だろう。

    早朝の図。
    今日もはじまる。

  • 餅つきの雑煮待ちの図

  • 今年は少し早めに。

  • 冬至は最も日が短い日。
    寿命が長く病気に強い柚子。
    無病息災。

  • 手作りネームプレートを闘病の守りにと頂いた。
    ちょっとした気持ちが嬉しく思える。

  • 多くの大根を頂いたので
    切り干しの仕掛けとおろしす。
    気温が旨くする保存食。
    愛おしく思う日。

    昼前ギャラリーへ。
    長い事連絡持てなかった作家と再びのこと。

    疾うに昼すぎ。
    そろそろ辛味が抜けたかとおろしにめんつゆと海苔。
    時という日でもあったと思う日。

  • ここはSaza Coffee。

    午後治験詳細を聞いての事。
    この人生色々ある。

    そう思う。

  • 茅乃舎

  • クリスマスに向け豆こけしを頂いた。


  • 青い鳥

  • タイトルはコーヒーのお気に入り展。
    リスト書き出しまとめ梱包を。

    工芸作家作品を紹介する
    古民家ギャラリー一草庵。
    手仕事の作品が魅力的に展示される。

    愛ある手仕事への眼差しは言葉一つから
    感じられそのもてなしは作家も幸せと思える。

    きちんとがちゃんと伝わるそんなギャラリー。

    今回は小物と蓋物花器多め。
    ギャラリーに寄り添う様
    和テイスト構成の出品となる。