Ceramist machimura.jpgCeramist machimura.jpg

★陶芸家町村勝己のブログです。暮らしを切り取りポートフォリオしています。

  • キャベツを煮、リクエストでもあった研ぎ。と
    案の定指を切る。

    樹木葬の寺より知らせと見舞いの言葉届く。
    被災とコロナへの不安。伝える立場異なれば。。

    いいことがないねの言葉へ向け
    配布物とともにプリント。そのプリントのことば。

    先人もいいことがない時代の中逞しく生きておりました。
    一凛の花を見つけ生きる糧にしておりました。
    毎日先人に手を合わせながら、先人の生きた礎に感謝し、
    日々の励みにすると、思ったより悪くない状況が見えてきます。

    辛い時は手を合わせてみてください。
    そして家族、友人と笑顔で乗り切っていきましょう。

    とそこには不思議と安らぐ気づきがあったという話。