Ceramist machimura.jpgCeramist machimura.jpg

★陶芸家町村勝己のブログです。暮らしを切り取りポートフォリオしています。

  • 一輪挿しを作る

    底、胴型紙(肩、首型紙なし)

    型紙を当て土切断。厚み7mm。

    櫛使い押し付ける様先端極薄。キズ付け

    味噌ほどかたさドベ塗布。接着部両面

    接着。なじませならし付ける。

    底面土と胴体接着部へキズ付けドベ塗布し接着。

    形起こし後一晩ビニール覆い養生。
    水分を全体に回す事で乾燥切れを防ぐ。

    「作りについて」
    1日目接着。2日目修正と仕上げ。最終的加飾施し終了。
    という段取り。板土接着による面作りなのでその特徴と
    見せ方をよく考え決め進める。

    「花生けについて」
    一輪挿し考えるときは花に寄り添うと優しい器となる。
    首の角度、高さがポイント。自由を奪い窮屈となりやすく要注意ポイント。