Ceramist machimura.jpgCeramist machimura.jpg

陶芸家町村勝己のブログです。日常をポートフォリオしています。

  • 水分を抜く「あぶり」・・・釉薬ののりを良くする。
    生地に含まれる炭素などの有機物を焼ききる
    「煤きり」・・・不純物をなくし本焼き時、釉薬を冴えさせる。
    それぞれその温度に関係します。
    自然乾燥。。十分乾燥させて水分は2%残留。
    窯中にも湿度があり、温度の急激な「上昇」や
    「偏り」がセーブせれるとはいえ、
    ゆっくりと温度をあげていきます。
    200度近辺は付着水が。
    (分子レベルで土組成分と結合している水分のこと。)
    300~500度では結晶水が。
    (土の粒子と水分が結合したもの)
    と。それぞれ放出。(あぶり)
    この後は土の結晶構造の変化などなど。
    ・・・気が抜けない昇温。
    この魔の領域を抜け、待っているのが「煤きり」
    炭素、有機物が燃えきる800度。
    そう。炎が赤からオレンジ色の変わるころだ。
    結晶水、付着水と。
    または熱膨張による生地われ、化粧はげ。など。
    素焼きには危険がたくさんあります。
    後付けのようなこの知識。
    昔の陶工は・・・と思い巡らせて今回は終了。