Ceramist machimura.jpgCeramist machimura.jpg

育ちゆくものが土と思っています。
触感深く成ると土肌大切に制作しています。

人気ブログランキングに参加しております。バナークリックで投票となり応援になります。

個展中止
陶芸家 町村勝己 展 2020.04.17(金)ー23(木)
Gallery Le Mani 市川市東菅野2-1-28
広告宣伝で知り、お待ちいただけていた方々、大変申し訳ありません。
判断する状況が刻々と変化するウイルスでの事ご理解いただけたらと思います。
▶︎Blog記事
▶︎DM

  • 先日いただたセロリ。
    葉を粉末管理し臭み消しなどで思う。
    塩とともに管理しても調理アイデア膨らみそうだ。

    あまりに大量で日に晒し減量。
    後に電子レンジで乾燥。

  • LAMY scribble
    ドロップ式芯フォルダー。落書きの意。
    手の平に収まるほどの大きさ。ほどほどの重量がある。
    芯径3.15mm先紹介のFaber-Castell同径。
    重量が心地よく毎日使いたくなる快適な書き味。

    異形LAMY scribbleは使えないが
    Berol Turquoise /7 芯研器は今も現役。
    使い始め30年超。

  • セロリを沢山頂いた。清涼感のあるこの風味は嬉しくなる。
    ピクルスを作れたらと思う。

  • Faber-Castell芯ホルダードロップ式。
    以前紹介のStaedtlerはノック式をチョイス。
    Faber-Castell芯は硬いとされしっかりと書き込む印象の芯。

    手持ちに2B芯あり2mmホルダーを新たに。
    感覚確かめたく3.15mmホルダー追加。6B芯。
    2mmホルダーは細め軸。バランス軽く書く感じは鉛筆にとても近い。

    シンプルな3.15mmホルダーは安心感がある。
    驚くほどその芯太さの強調感じず面白いほど書き味が良い。

  • 引き取った鋳込み型の起こす形をチェックしたいとの依頼事。
    とりあえず紐土で型打ちし確認してゆく事に。

  • ジャスミン発根させるため束ね土に植える。

  • 多孔質の土物は高台が湿り易い。
    室温と珈琲との温度差で生じる結露状態のこの事、
    シモル、漏れる事とは別事象。

    ソーサーなきものは高台のフォローと温度への対策を考える。
    熱いもの冷たいものへの湿度対策を考えるという事。
    テーブル塗装とのバランスをも考えるという事。

    など使用時温度捉え湿度環境思う想像力は作る力を育て、
    エピソード、キャッチワード、セールスワードとなる事とも思う。

    泡だてミルク使用しカップでの見え方違いを参考紹介。
    電池式ミルクフォーマーは冷たいミルクでも確実に泡立つ。


    ハンドルないカップ


    細身のカップ。

  • 散歩に近隣公園へ。敷地輪郭に桜植樹されたパークゴルフコース。
    まばらなプレーヤー、散歩する親子。なんとものんびり。

    ha

  • 絶命したとは勝手な判断だった。生命爆発するかの様薔薇育つ。

    牡丹は着々と花芽膨らむ。

  • レモンをスライスし元気の素、「蜂蜜レモン」を仕掛ける。
    気分を変え進むことは慣れている。

    5月再起動する事柄への資料変更を整えている。
    その時々に整え進めないと忘れてしまう。
    後には行ったかも確かめることとなる。
    ということで痕跡は必ず残しながら進むようにしている。

    西城秀樹はバーモントで晩御飯。さくらももこは書店で立ち読んだ。
    志村はといつもの蜂蜜レモンを作った。痕跡を思い返すと心が整理される。
    明日からも静かな毎日は続く。

  • 日中雨。福神漬けを仕込みクールダウン。

    ペンを探すが見当たらない。
    こんな時はまたいつか出てくるだろうと
    その時の出会いに期待する。

  • コツコツと土の再生を行いながら進む。


  • 後に装飾を施す。

  • 流木を小さく刻みしっぴき。

  • 一輪挿しを作る

    底、胴型紙(肩、首型紙なし)

    型紙を当て土切断。厚み7mm。

    櫛使い押し付ける様先端極薄。キズ付け

    味噌ほどかたさドベ塗布。接着部両面

    接着。なじませならし付ける。

    底面土と胴体接着部へキズ付けドベ塗布し接着。

    形起こし後一晩ビニール覆い養生。
    水分を全体に回す事で乾燥切れを防ぐ。

    「作りについて」
    1日目接着。2日目修正と仕上げ。最終的加飾施し終了。
    という段取り。板土接着による面作りなのでその特徴と
    見せ方をよく考え決め進める。

    「花生けについて」
    一輪挿し考えるときは花に寄り添うと優しい器となる。
    首の角度、高さがポイント。自由を奪い窮屈となりやすく要注意ポイント。

  • DIY。
    出汁こしで使い古しのサラシをはたきへトランスフォーム。

1 2 3 4 5 6 114